医師への道のり

皆さんは、医師になるという目標ももし掲げたとしたら一番にどんなことを思い浮かべますか?医師は人間の命を守る重要な仕事でとても立派な存在だと、そう考える人もたくさんいるでしょう。しかし中には「結構ニュースにもなるけどずさんな医師も多くて、正直病気になっても信用できないな」とか「医師会ってなんだか黒い面がありそうでイメージが良くない」なんて思っている方もいるかもしれません。 そう、どちらの面も残念ながら間違っていない見解だと思います。しかし医師に限らず、どんな職業においても明暗はあります。したがって、一概に医師が宜しくないとはいえませんし、もちろん立派な医師はたくさんいて、私たちの命を助けてくれる頼もしい存在であることは事実です。昔から将来の夢として医師をあげる子どもはたくさんいますし、実際に医師を目指して大学の医学部受験をする若者は大勢います。

ただ、医学部受験となるとお金がかかりそうだし、頭が良くないと入れないのじゃないの?と、またもやマイナスなイメージがあるようです。しかし現在では、医学部をもつ大学も裾野が広がっており、平均的な偏差値でも入学できる大学もありますし、自治医科大学や産業医科大学は学費が免除されるシステムがあるので、学力や経済状況から医学部受験をあきらめるのはまだはやいかもしれません。医師になるということは、なによりも高い志が一番です。医師になる前はもちろん、なってからも常に勉強をする必要があります。医療技術の進歩は目覚ましいものがあり、常に新しい知識と高度な技術を保つためには勉強を怠ることは出来ません。

また熱心に勉強をしている医師ほど、信頼される存在になることが出来ます。しかし、勉強ができるだけでは立派な医師とはいえません。医師は対人の仕事、つまり患者さんと向き合ってコミュニケーションをとらなければならないのです。患者さんとのコミュニケーションによってその容態や病状を知ることが出来る、コミュニケーションが治療への第一歩といえ、コミュニケーション能力が非常に重要な鍵となります。ただお勉強ができるだけでは医師という仕事には向いていません。人の命と向き合うという心の強さやハードな時間労働にも耐えなければいけませんし、医師は心身ともに成熟している人でないと、難しい仕事だといえるでしょう。